最近の記事

2010年02月28日

BON JOVI 『BON JOVI』

1. Runaway
2. Roulette
3. She Don't Know Me
4. Shot Through the Heart
5. Love Lies
6. Brakeout
7. Burning for Love
8. Come Back
9. Get Ready


夜明けのランナウェイ

夜明けのランナウェイ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: USMジャパン
  • 発売日: 2008/12/03
  • メディア: CD






1984年発売 デビューアルバム

Jon Bon Jovi(Vo)
Richie Sambora(G)
David Bryan(Key)
Tico Torres(Dr)
Alec John Such(B)

「Runaway」が日本では大ヒットしました。
イントロのキーボードが印象的でしたね。
当時はこの曲をコピーしてるアマチュアバンドが多かったのが懐かしいです。
デビューアルバムとしてはなかなかの物だとは思いますが、後に大ヒットアルバムを作るのでそれと比べると・・・・。
今ではほとんど聴く事が出来ない「She Don't Know Me」とかは個人的に好きな曲です。

このアルバムで日本での人気を不動の物にしたのは間違いありません。





このBlogを気に入って頂ければ投票を!

air_rank.gif   banner01.gif
ラベル:BON JOVI
posted by 天地 at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | BON JOVI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月27日

BLUE MURDER 『BLUE MURDER』

1. Riot
2. Sex Child
3. Valley of the Kings
4. Jelly Roll
5. Blue Murder
6. Out of Love
7. Billy
8. Ptolemy
9. Black-Hearted Woman


ブルー・マーダー

ブルー・マーダー

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル インターナショナル
  • 発売日: 2006/08/30
  • メディア: CD




1989年発売デビューアルバム

John Sykes(Vo.G)
Tony Franklin(B)
Carmine Appice(Dr)

発売当時はスパーグループと言うことで話題になりました。
その期待を裏切らない作品です。

John SykesがWHITESNAKEでいかに貢献してたかも解る作品でも有りますね。
明らかにある種の想いが伝わってきます。

まあそんな事は関係無しに素晴らしい作品で、ブリティッシュ・ハードロックの素晴らしい部分を間違いなく感じれると思います。

John Sykesの歌も含めて、3人が良い仕事をして素晴らしいアルバムが出来たと言うところですね。

自分が聞いてきた中でも大好きな1枚です。







このBlogを気に入って頂ければ投票を!

air_rank.gif   banner01.gif
ラベル:Blue Murder
posted by 天地 at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | BLUE MURDER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

Black Sabbath 『Master of Reality』

1. Sweet Leaf
2. After Forever
3. Embryo [Instrumental]
4. Children of the Grave
5. Orchid [Instrumental]
6. Lord of This World
7. Solitude
8. Into the Void


Master of Reality

Master of Reality

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Noise
  • 発売日: 2010/02/22
  • メディア: CD



Master of Reality (Ogv) [Analog]

Master of Reality (Ogv) [Analog]

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Rhino / Wea
  • 発売日: 2010/03/23
  • メディア: LP Record





1971年発売3rdアルバム

Ozzy Osbourne – lead vocals
Tony Iommi – guitar, flute, piano
Geezer Butler – bass guitar
Bill Ward – drums, backing vocals

咳払いから始まる印象的な作品であり、名盤と呼ばれてる1枚です。
良く聴いてると色んなアーチストがこの作品から影響を受けてるのが良くわかりますね。
例を挙げるときりが無いくらいに。

個人的にはTony Iommiが1枚のアルバムに良くこれだけヘヴィでかっこよいリフを集めたなとも思います。
1曲1曲味わい深いですし、だから名盤と呼ばれるのでしょうね。








このBlogを気に入って頂ければ投票を!

air_rank.gif   banner01.gif
ラベル:Black Sabbath
posted by 天地 at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Black Sabbath | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




ブログパーツ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。